赤のベルモットは良質のトスカーナワインに貴重なスパイスとアロマティックハーブを加えて仕上げられた逸品です。他のプロセスで使用されたぶどうを用いるスタンダードなベルモットとは異なり、この味わいのあるワインのためには原産地域の最も典型的なぶどう品種が手作業により選別されます。:ヴェルナッチャ・ディ・サンジミ二アーノ DOCG 80% , キャンティ・クラッシコDOCG 20%

この独自な醸造の選択により本当の“FL フオーリセリエ”の紛れもない味わいが確かなものとなるのです。

ワインノートはバルサムの香り、レーズン、柑橘系の砂糖漬けフルーツ、干しいちじく、クローブ、ルバーブ、キナ、ローズマリー、ラベンダーや地中海沿岸特有の植物などさまざまなイメージに結びつきます。ベースワインの中に長期間スパイスとハーブを漬け込むことによって生まれた多数のフレーバーを持つ味わいは持続性があります。それぞれの配合や、仕上がりのために必要とされる時間は醸造者独自の秘蔵レシピです。